齷齪の意味を簡単に解説!使い方例文あり。

 

 

「齷齪」(あくせく)の意味語源を知ると分かりやすく、覚えやすいですよ!

 

「齷」(あく)も「齪」(せく)も他の熟語で見ることのない漢字ですね。

 

私もこれまでなんとなくしか解っていませんでしたし、なんとなく使っていました。

 

そこで今回の記事では「齷齪」という言葉の正しい意味や使い方について改めて調べてみました。

 

 

「齷齪」の読み方

 

「あくせく」と読みます

 

 

「齷齪」の意味

 

せわしなく事を行う様子。

心にゆとりがなく小さなことにこだわる様子。

 

 

スポンサーリンク

「齷齪」の語源

 

 

「齷」も「齪」も「齷齪」という熟語にしか使われない漢字です。

また「齷」も「齪」も本来は「歯が小さい」という意味を持つ漢字で、「齷齪」は「歯と歯の間が狭い」ことを表していて「心が狭いこと」を意味すようになりました。

 

現在「齷齪」という言葉は主に、細かいことにこだわって落ち着かずせかせかしている様子を表す言葉です。

 

 

このような語源や由来を知ると分かりやすく理解できて覚えやすいですよね!

 

 

「齷齪」の使い方例文

 

「毎日毎日齷齪働いている

「くだらないことに齷齪する」

「齷齪働いているのが当たり前になっている」

などと使います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

・「齷齪」の読み方
「あくせく」と読みます。

・「齷齪」の意味
せわしなく事を行う様子。
心にゆとりがなく小さなことにこだわる様子。

・「齷齪」の語源
「齷」も「齪」も「齷齪」という熟語にしか使われない漢字です。
また「齷」も「齪」も本来は歯が小さいという意味を持つ漢字で、「齷齪」は歯と歯の間が狭いことを表していて「心が狭いこと」を意味すようになりました。
「齷齪」は主に、細かいことにこだわって落ち着かずせかせかしている様子を表す言葉です。

・「齷齪」の使い方事例
「毎日毎日齷齪働いている」
「くだらないことに齷齪する」
「齷齪働いているのが当たり前になっている」

 

 

「齷齪」という言葉は、「齷」も「齪」もこの熟語にしか使われない漢字です。

また「齷」も「齪」も本来は歯が小さいという意味を持つ漢字で、「齷齪」は歯と歯の間が狭いことを表していて「心が狭いこと」を意味すようになりました。

 

「齷齪」は主に、細かいことにこだわって落ち着かずせかせかしている様子を表す言葉です。

 

 

あまり会話で使うことはない言葉ですが、なんとなく使っている人も多いのではないでしょうか?

 

また「齷齪」の対義語は「悠々」や「楽々」になるかと思われますね。

 

このように関連することなどを理解すると覚えやすく間違えないようになるのではないでしょうか!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です